飛ぶ鳥

飛ぶ鳥がいろんな感想書きます

「親ガチャ」という言葉を聞いて 一人の大学生の視点から

2021年9月に入ってよく「親ガチャ」という言葉を聞くようになった。なかなかにインパクトがある言葉である。簡単にいってしまえば、親の年収や思想などは生まれてくる子にとってはソシャゲのガチャのように受け入れるしかないもので、親によって子の人生というものが大きく決まってくるという意味になるのだろう。

 

※ここから書いていくことは自分自身がここまで見聞きしてきた体験や出会ってきた人物たちから「親ガチャ」という言葉についてを考えました。まだまだ知らない世界があるのは承知しています。一考えとして扱ってください。思いついたように書いています。

 

親によって子の人生が大きく決まってしまうという意見については、まあ実際そうなってしまうのは不可避だろうと思っている。(稀に逆境の中から社会的地位を獲得していく人もいるだろうがこれはほんとにレアケースなのだろう。)子供にとってはどんな親を持っていても、その親による家庭が一番最初に触れる社会なのであり、そこで一般社会的な倫理観や感覚を学んでいくのだから、そこで得たこと以上をいきなり発揮するのは無理だろうし、それ以外を学ぼうと思ったら何らかの社会に幼い頃から出ていかなくてはならない。しかし、そのためにはお金が必要でありそのハードルは高いだろう。

 

 

この言葉を聞いて自分自身を振り返ってみた。

幸いなことに自分は親が社会的に安定していた。北陸の田舎の方で生まれ育ったことで、ネットに触れるまでは外の社会がどんなであるかは知らなかった。中学受験という言葉は中2まで知らなかった。塾も遠すぎるので金銭的ではなく時間的余裕のなさから小〜中2までは行ったことがなかった。高校受験の時に親も真面目な進学校受験を経験したことがなかったため、念の為と半年だけ通った。しかし高校以降は時間的余裕のなさから通うことは再びなくなった。大学受験は申し訳ないことに一浪したが国公立に入ることができた。

正味、「親ガチャ」という言葉を使えば(実の親に対してこの言葉を使いたくはないが強いて使えば)あたりに入るのではないかと思う。出生地はだいぶ辺鄙なので当たりとは今のとこと言い難い。(友人や娯楽関係の面から)

親は高卒で働いていおり、親の代までの親戚に大学へ行った人物などほとんどいなかった。先ほどもあげたが共働きであったこともあり時間的な余裕がなく塾などに通うことはなく、都会で生まれたネットに挙げられているような典型的な恵めれた環境とは言えないが、その人たちからすれば見劣りするかもしれないが良い環境であった。田舎の中ではほんとに当たりの方だと思っている。

あたりという表現を使っているのには両親の考えの部分が大きい。非常に有難いことにいまだに長男は家を継がないといけない、結婚はしなければならないし子供は2人は産まないといけないというような昭和があふれる地元で将来は好きにすればいいと言ってくれたことにある。

お前の人生なんだから好きにすればいい。親として義務を果たした後に自立できるなら自由にさせてやると言われたのは非常に心が楽だった。これはどうやら本人たちが親の意向に従わなければならないまま大人になったことが影響しているらしい。そのため本当に自由だった。もし、寿司屋になりたいなら大学を必ずしもでる必要もないのだから料理が学べる高校や専門学校へ行って寿司屋に修行するのが最適なルートだろうからそうすればいい無理に有名な大学へ行く必要はないと言っていた。でももしJAXAで働きたいなら大学でて専門的なことを学ぶ必要があるんだからそれを支援すると言ってくれた。ただ、自分で調べてくれ、JAXAとか入り方わからんからとも言っていた。

結婚や住む場所もこれに近かったしたいことがあるならそれに適した場所があるだろうと言ってくれたし、結婚はしたい人が現れたらでいいと言ってくれている。

非常にありがたかった。強いていうなら唯一強制されたのは小中で宿題と授業だけは真面目にしてくれ。と言われた。

 

こんな家庭で育ってきたので、人によって意見は変わるかもしれないが個人的には良い環境で過ごすことができたと思っている。

 

自分自身はこれがめちゃくちゃあっていたが、もしかすると全く違う親だったらと考えると不安になるかもしれない。これは「毒親」的な親であったとしてもそうだし、一般的には恵まれているという考えられがちな医者の家系とかでも窮屈に感じていただろう。もちろん昭和的な長男が家を継ぐというような考え方も辛かったと思う。

 

ここからは一旦有名な大学に進学することが一つの成功といして考えていく。先ほどあげたような技術を要する職業については当てはまらないがネットでよく見る尺度で考える。

資本主義の社会においては親の年収によって子の学力が左右されてしまうことは、どうしようも解消しがたい問題だと思う。大学受験という非常に大きなコンテンツに目を付ける予備校が生まれるのはシステム上仕方ないのことだし、それがビジネスとして成り立つのは人口の多い都市部になってしまう。また、公立の学校と差別化を図るために私立の学校ができるのは避け難い。

大きな解決策としては経済格差をなくし、誰もがそういった環境に身を置けるようにすること。

正直難しいだろう。共産主義的考え方になるので資本主義の現状では不可能だろう。相当な政治の介入が必要となってしまう。

あとこれを是正したところで、親の思想が変わらなければどうにもならない。お金があったところで、子に金を使わない人は使わない。根本的な解決になるとはどうしても思えない。

 

そうなると一つの受け皿となるのは義務教育の現場ではないかと思っている。現状公立の学校は様々な人間が混在しており、たった一人の人物が40人の生徒に目を通すことができているとは思えない。

度々考えるのは公立小学校において、担任は生活面を指導する専任として、国語や算数教えるのは専門の教科担当とするべきなのでは、ということである。

公立中学、高校とにているが、小学校という基盤作りの場だからこそ厚い対応が必要なのではないかと思う。

すぐにこれに対応するのが難しい点、そんなに人雇用したら金銭的な破綻があるだろうと突っ込まれる点、どこにそんな人がいるんだという点があるが、これこそ国はトップから進めていくのに価値があるのではないかと思う。先ほどあげたシステムが完全とは言えないだろうし、もっと優れたアイデアがあるとは思う。

しかし、ここで最終的に言いたいことは、教育にもっと国が金を使うべきなのではないかと思う。教育こそが国の未来への投資なのではないかと思う。大学に置ける教育改革が進んでいるなかではあるが、もっと根本的な小中という部分にお金をかけていくことが目を向けられるのではないかと思う。

 

将来国会議員になることがあるならこれ公約にしよう。

 

 

 

 

 

 

 

2021年夏に見た映画

2021年に見た映画、映像作品をまとめます

MCUシリーズ

その他

映画館

 

今現在以上20作品を鑑賞した。スパイダーマンはAmazonPrime、それ以外はDisney+で鑑賞。

その他はAmazonPrimeで鑑賞した。

 

この中でも印象に残ったいくつかをピックアップして紹介する。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

MCUフェーズ3、2017年公開の作品。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの中では2作品目にあたる。

クイルとクイルの父、エゴの描かれ方が非常に良い。何年も会うことができていなかった父とその関係性の変化が軸にストーリーが展開されている。育ての父ポジションであるヨンドゥとの過去も触れられており、2作品で様々な人間関係が濃密にしかも丁寧に描かれているように思った。

MCUシリーズに見られるアメリカ映画特有のジョークもテンポ感が良いのも非常に良い。

アクション要素もありながら、人間ドラマも楽しめ、感動できる。MCUの中でも特におすすめしたい作品。

 

屍人荘の殺人

今村昌弘原作の小説をもとに作られた作品。神木隆之介中村倫也浜辺美波が主要キャストに挙げられる。

この作品は事前情報があればあるほど評価がイマイチになってしまうのではないかと思った。自分はアマプラから適当に見ようと思って選んだ作品なので、こんな感じかなと思った。しかし、予告を見たミステリー好きにははまらなそうだなと感じた。如何せん2時間の制約があると要素を削らざるをえなかったのかなと思わざるをえない。しかし原作の評価が高いだけあって面白くはある。映画という時間制約のなかでは小説だからできる数多い要素を回収しきれないのは仕方ないのかなと思う。原作を読んでいるがしっかり面白い。

小説で面白いものが必ずしも映画でも満足できないのは仕方ないかなと思う。

結論としては浜辺美波可愛い。

 

竜とそばかすの姫

細田守監督作品の最新作。かの有名な「サマーウォーズ」のOZのようなインターネット空間Uが登場するとあって非常に期待されていた。見てきた感想としては意見めっちゃ分かれそうな作品だなと感じた。音楽と映像のクオリティが最高なので、それにどれくらいの重みを持たせるかの個人の判断による評価になってしまうように感じる。僕個人では音楽を楽しみにしていたので満足はできた。(Dolbyで見た)

あとは人物の描かれ方が比較的薄いために感情移入しにくそうというのはある。「サマーウォーズ」はあんだけの人がいながらも重要な情報を早いテンポで描いていたためにまとめ切ることができたように思う。今作は一つひとつのテンポがゆったりしているように感じたのでこの点には仕方ないと思う。

ある重要人物について情報が少ないのは仕方ないのではないかと思う。すずを母親に投影するには誰かわからない存在というのが重要になると思ったので。

あと、匿名性が大きな意味を持つ世界なのに最後のような展開なったのは、それまでの著名人たちの行動の流れということから考えるとしっくりくるような気がした。

 

今回の作品ではオープニングソングの『U』にmillennium paradeが携わっており、彼らの映画を音楽に落とし込む力には感動せざるを得ない。早い曲調が仮想世界が広がっていく高揚感を演出しており、最高のオープニングだった。「ヤクザと家族」の『Famillia』と言い、音楽が映画の重要な一部分になっている。自分の好きな作品をミレパによって音楽に落とし込んだらどうなるのかと思ってしまうくらい良い。

「竜とそばかすの姫」を見るならぜひDolbyで見て欲しい。

 

以上3作品が特に印象に残った作品になる。

今は007とスパイダーマン(not MCU版)が見たいのでそれを目標とする。

 

 

 

2020年個人的ベストソング

 2020年好きなアーティストが増えたので、おすすめしていきたいと思ってまとめることにした。先に保険をかけておくが、世の中で流行っているものにとてつもなく疎いので、世間の意見とは乖離していると思うし、ある程度は調べたりしていますがまだまだなところとかずれた考察とかあるかもですが、あらかじめあしからず。

なお順番は大体発売順です。この中での一番はその紹介のとこに記そうと思っております。

2020年発売編

King Gnu - Teenager Forever

3rdアルバム『CREMONY』収録。SONYウォークマン、ノイキャンイヤホンのCMソング。

自分がKingGnuにハマっていくきっかけとなったアルバムの一曲から。この曲からはいい意味での、幼さや無邪気さ、泥臭さ、人間臭さと言った純粋な精神が感じられ、自分には刺さった。理想と現実の間にいる難しさがはっきりと言語化されていて、10代に限らずどの世代にも来るものがあると思っている。自分は発売から約一週間後に20歳になったが、10代最後の瞬間にこの曲を聞いた。

MVではメンバーが100万円をもらい自由に使う様子が収められているが、常田はロシアへ、勢喜はグアムへ新婚旅行、新井は親孝行、そして井口はフィリピンで豪遊とそれぞれがらしさを発揮している。井口の全力疾走はネットでも話題になった。全員が魅力的な一面をもち、その個性を一つにした最強のバンドを象徴するがごとく、最後に再び4人が集まりMVが終わる。

もちろんこのアルバムには他にも素晴らしい楽曲があげられるが、自分自身に最も響いたこの曲を1曲目としておすすめしたい。


King Gnu - Teenager Forever

乃木坂46 - 世界中の隣人よ

医療従事者に対する感謝のメッセージが綴られた乃木坂46の現役と卒業生による配信限定シングル。収入は全額寄付という形が取られた。

乃木坂ファンとしてはまさか卒業メンバーが登場するとは思っていなかったため非常に驚いた。このような形で卒業生と新メンバーが一体となって何かをするというのが現実になるのは嬉しい限り。

歌詞も時世にあっており、乃木坂の今年を代表する一つの曲と言えるだろう。

隣人よ夜が明けて 世界を照らすまで部屋にいましょう

このフレーズこそがこの曲の全てを象徴していると思っている。

MVはメンバーが自撮りで撮影したものを合わせて作られている。また乃木坂が夏のライブを行う神宮球場の映像が用いられており、CGでライブが行われているかのような映像になっている。

この曲は意図せずして2018年から続く人とのつながりをテーマとする曲の4作品目になっていると考えている。

2018年「シンクロニシティ」では街中ですれ違う人といった偶然に起こるような言語を介さないつながりが描かれていた。

2019年「Sing Out!」ではまだ見ぬ世界中の人とのつながりが象徴されていた。

2020年「しあわせの保護色」では身近な人たちとの日常に潜むしあわせの存在が表現されていた。

この春に発売された3作品で一つの大きな流れが完了したと思っていたが、思ってもいなかった事態に世界が直面した。そんな中リリースされた「世界中の隣人よ」は形は変化したものの人とのつながりは決して失われることはないというメッセージが込められているように感じた。

この作品の後に行われた乃木坂46時間TVでは現状に対するメッセージとして歌われた。いつになるかはわからないが完全にライブが行えるようになった時、また違った意味での『世界中の隣人よ』を聞くことができたらと思っている。


乃木坂46 『世界中の隣人よ』

millennium parade - Fly with me

 常田大希率いるミレパを次に紹介したい。KingGnuは知っているという人は多いかと思うが、常田はこちらでも活動しているので是非知ってほしい。

この曲はNetflixで配信される「攻殻機動隊 SAC 2045」のオープニングテーマで、常田曰く、攻殻機動隊に多大な影響を受けているとのこと。

この作品の個人的な最大の魅力はMVにある。MVは常田が在籍するPERIMETRONにより制作された。MVはストーリー形式で進んでいく。主に3人のキャラと敵キャラの対決という大筋が存在する。SFアクションの要素が強い作品として楽しむことができる。ただ、この世界で物語は完結することなくこの世界を俯瞰的に見る別世界の存在が、このMVを奥深く、不気味ながらも目を引かれるものにしていると考えている。

ここからは個人の考察になる。世界を支配しようとする存在対それに抗う存在というのがこの大きなストーリーである。ただそれを俯瞰的に見ている存在によって所詮は両者はコントロールされている。しかし、そのことにすら気づくことができないくらいの別世界の存在である。俯瞰的に見る側は対立により、私腹を肥やしていく、真の支配者的存在を描いているのではないかと考えている。ただ、最後のシーンでは別世界に干渉することができる瞬間がやってくる。これは現実の世界をシンプルに示唆しているように思える。ただそこにあるのは単なる政治的な意味合いとかだけでなく、さまざまなスケール感での対立だと思っている。

PERIMETRONのMVは映像が綺麗であり、物語性があり、メッセージがある。それがミレパの描く曲の世界観と相まって無二の存在となっていると思う。2020年に発売された「Philip」もまたこの作品とは違った世界観のアニメーションで描かれている。是非この世界観を共有したいと思い紹介したい。


millennium parade - Fly with me

 

Creepy Nuts - かつて天才だった俺たちへ

今年最も聞いたであろう曲。YouTubeのおすすめにでてきて、見た時から取り憑かれた。また今年最も影響を受けたであろう曲。おそらく今年有名になったので、所詮ミーハーと思われるかもしれない。ただ好きなのは変わらないのでおすすめしたい。

彼らのことを紹介すると、ラッパーのR-指定、フリースタイルラップの日本大会で3連覇した生粋のラップオタク。見た目はロン毛の髭と風貌は怪しめでラッパーのために怖く思われるが温厚かつどちらかといえば正論を言っている。ただし遅刻魔、ITオンチやばいとこもある。DJはDJ松永、2019年DMC(DJの世界大会)で優勝した世界一の男。見た目は量産型大学生のような感じと言われるが、世間に切り込むラジオで数々のパンチラインを残した(?)。

そんな二人である。彼らはラジオで小物感を出している。しかし、日本と世界を取っている。テレビで紹介されるときは最強とかそんなフレーズが使われる。そんな二人が出したアルバムが「かつて天才だった俺たちへ」である。こちらから言わせれば、今も天才の二人やないかとなってしまいそうだが、作詞をしたRの意図は全く異なる。

人間は誰しも赤ちゃんのころはなんでもできる無限の可能性を秘めている。その状態こそが『天才』だと言っている。ただ大人になるにつれ、諦めや固定観念でその可能性を潰してしまう。でも今からでも遅くないだろう?と問いかけている。

そのため歌詞では、サッカーやフェルマーの(最終)定理、絵などRの諦めてしまったことを元にした歌詞が盛り込まれている。

この二人が強いのは誰も見捨てていないということにあると思う。だからこそ、俺たちへ、貴方へという歌詞がかけるのだろう。

そしてなんと言っても綺麗に韻が踏まれ聞いていて心地が良い。曲もイントロから盛り上げていってくれる。そして歌詞もフェルマーの定理にかけて、余白といったワードが使われたり、サッカー、フェルマーの定理、チャリと言った丸(円)に関係したものがダメだった自分のことを多面体と表現したりしている。ギミックが細かい。

この曲はミニアルバムに収録されているがこの一曲前には「Dr.フランケンシュタイン」という曲が収録されている。この曲は教育という名のもとで、個性を失って胃しまっている現状をディスっている。これを『整えられてきた』と表現したが、「かつ天」でも

似たような形に整えられて 見る影もない

表現している。そこからもこのアルバムに共通するメッセージ性を感じられるのではnないだろうか?

この曲で個人的に最も刺さった歌詞に

粗探しが得意なお国柄 シカトでかまそうぜ金輪際

がある。ここでもしれっとディスを入れてきている。この歌詞でふと思ったのがアーティストは異なるがKingGnuの『Flash!!!』という曲である。この曲は「出る杭は打たれる」という言葉を視覚的に表したというのを見た記憶があり、共通するものを感じた。(現在出典を探し中)

まだまだこの曲については語り尽くせないので、これぐらいにするがCreepyNutsは是非ともおすすめしたい。本当にこの楽曲をCMソングにした帝京平成大学はセンスがあると思っている。この曲が今年最もおすすめしたい楽曲。


Creepy Nuts / かつて天才だった俺たちへ【MV】


Creepy Nuts - かつて天才だった俺たちへ / THE FIRST TAKE

 

Tempalay - 大東京万博

この曲でTempalayに出会った。きっかけはPERIMETRONだった。

映像、曲、歌詞全てがいい意味で奇妙かつ無二。一つの世界がすでに完成されているように思ってしまっていた。しかし、2020年の12月メジャーデビューという当時はまだデビュー前で非常に驚いた。まだポテンシャルを隠しているのかと。この曲は言語にするのがもったいないと感じさせる。そのままの状態で楽しむのが最適だと思う。

一つ彼らの魅力を語るとすれば、歌詞の日本語の美しさだと思う。繊細な表現を使っている。一つかけ違えれば、この曲の心地よさが失われてしまうのではないかと思うほどに良い。

タイトルには「大東京万博」とあるがこのワードは歌詞中にはない。ただこの作品を聞きタイトルを再び見れば納得してしまう。

これ以上は自分の稚拙な言語表現では魅力を伝えきれない。実際に体感してもらうに越したことはないと思う。


Tempalay "大東京万博" (Official Music Video)

 

福山雅治 - AKIRA

自分が中学生の頃、約8年くらい聞いている福山雅治だが、彼の凄みは同じような曲が存在しないことだと思う。

久しぶりのアルバムのタイトルは『AKIRA』。1曲目にアルバムのタイトルと同じ『AKIRA』が収録されている。あらかじめ補足しておくと、この『AKIRA』とは福山の父であり、父が亡くなった歳に自分が近づいたことを意識して書かれた曲である。

自分自身のことを歌った歌詞であるのだろうが、万人に受け入れることができるのだろう。福山自身が父になったことで得られる感情もきっとあるのだろう。そしてまだ20代の自分と将来縁があり、父となった時に聞くのでは聞くのでは意味が違って聞こえるのではないかと思う。そういった全年齢が楽しむことができるのが彼の作品の特徴であると思う。

世間では『桜坂』や『家族になろうよ』と言ったラブソングが福山のイメージとしてあるだろうが自分が思う彼の真骨頂は死生観や人間について考えた曲にあると思う。前作の『HUMAN』もそういった傾向が見られる。彼が男性限定ライブを年末に開催し始めたのもこの頃である。男性が好きな曲の傾向と女性の好きな曲の傾向が異なるから始まったのだろう。ただそれだけではなく、彼自身が男性であるからこそ共感できる表現や選曲というものがあるのではないかとこの作品を通じて感じさせられた。

今回のアルバムにはこれだけではなく様々な作品が収録されているので、誰もが一曲くらいは刺さるんのではないかと思っている。是非一度聞いてみて欲しい。

AKIRA

AKIRA

  • 福山 雅治
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

最後に

今回選んだ作品はおすすめしたい曲の中でも一部で、全てを出すのは難しいことだと実感させられました。また、文章も拙く、表現も安いものばかりになってしまい、魅力を十分に伝えきれなかったのではないかと不安な部分もあります。2021年には一定のペース、月2、3曲を目安に曲を紹介していきたいと思います。そして2021年版でリベンジができたらと考えてます。この機会にこれらのアーティストを知り、聞くきっかけになったと思っております。

ここまで読んでいただいたかたありがとうございました。